2013年02月22日

「完璧の語源になった男」藺相如(りんしょうじょ)

この方は語源の宝箱みたいな人物です。

趙という国に仕えた人物です。

ある時最強国家の秦から趙に国宝「和氏の壁」と15城を

交換しようと言われ、使者を出す事にしたのですが

その時に選ばれたのが藺相如。秦王は元々約束を守る気が

なかったのですが藺相如の勇気と機転で交渉自体中止して

和氏の壁を無事持って帰ってきました。壁を完うして帰る=完璧の語源

ちなみに恵文王は藺相如の葬儀の準備をしていたそうです。

このように外交の場で持ち前の胆力と機転で趙を支えて出世していきますが

戦場での功績で出世したわけではないので心よく思わない人もいました。

百戦錬磨の猛将である廉頗という将軍は「口だけ野郎が、いつか目に物見せてやる」

と周りに言っていて、藺相如の耳にもそれが入っており

藺相如は廉頗とは顔を合わせないように避けていました。

藺相如の家来は「ご主人様情けないっすわ」と言いましたが藺相如はこう言いました。

「この国の大黒柱である私と廉頗将軍が喧嘩したら共倒れになって秦が攻め込んでくるだろう

個人より国家を優先しているんだよ」

廉頗将軍よりさらに恐ろしい秦王と渡り合った藺相如だから言える言葉です。

この話しは廉頗の耳まで届き、廉頗は己を恥じて藺相如に謝罪し打ち解け合って

「お互いの為なら首を刎ねられても構わない」と呼び合う仲になりました。

これが刎頸の交わりの語源です。

晩年、趙の王が代替わりをし

秦が趙を攻めてきた際に廉頗が当初これに当たっていましたが

廉頗は年老いたので評判の高い若い将軍に防衛軍の指揮を替えさせよう

という案が出ました。病に侵されていた藺相如はこれを聞いて

病身の身体ながらも新王の元へ行き交代させる事に反対したといいます。

新王はこれを却下し、廉頗から若い将軍に替えました。

結果は趙軍の歴史の中でも群を抜く大敗を喫し

趙の国力は大きく低下してしまいます。

藺相如も病気は治らず間もなく病死し、

しばらくして廉頗は趙の国を出ます。

病身をおしてまで忠告をしにいった藺相如の事や

趙の国を出ていった廉頗の気持ちを考えると

無性に切なくなります。





posted by 免堂九斎 at 12:11| Comment(0) | 中国 春秋戦国時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。