2013年02月26日

「救国の英雄」田単

今回は斉という国に仕えた田単という人物についての話し。

前回の記事に書いた燕軍を率いる楽毅によって、首都を始めとして70城あまりの城を攻め落とされ

斉は残り2城となり、滅亡の危機に瀕していました。

田単は元々安平という城にいましたが、ここも燕の軍に攻められ

斉の残り2城の一つである即墨という城に逃げ込みました。

安平を逃げる時、馬車の車軸を補強するよう周りの人に忠告しましたが

周りの人は気にせずにそのまま逃げ、逃亡中に車軸が壊れて燕に捕まる人多数。

一方、田単の忠告を聞いた人達は無事逃げ切る事ができました。

2城の内の1城は斉の王様がいたので守りが固く、楽毅は

まず即墨を集中砲火する事にしました。

即墨を守っていた将軍は篭城しても勝ち目がないと思ったのか討ってでますが

楽毅に勝てるはずもなく戦死してしまいます。

将軍が亡くなり困り果てた城中では、田単の逃亡エピソードから只者じゃないから

田単に任せようという話しが出て田単は下級役人という低い地位でしたが

一気に将軍として盛り立てられました。ここから大雑把にエピソードを説明

・田単が将軍になった頃、燕の昭王が亡くなり次の恵王になりました。
 恵王は楽毅とあまり仲が良くない事を知った田単は、楽毅が独立を企てているから
 2城落とすのにも時間をかけているという噂を流し、恵王はこの噂を信じてしまい
 楽毅を更迭して騎劫という将軍を新たに派遣しました。
 楽毅は各国からの評判も良く、兵士にも慕われていましたのでこれによって燕軍の
 テンションはだいぶ落ちました。

・田単は次に城内にこんな布令を出しました。
 「食事する時は先祖を大切にする為に、庭にお供え物してね」
 布令に従い庭に供え物をしたところ、供え物を狙って鳥が大量に城中に降下してきました。
 オカルトを今以上に信じていた当時の人達にとって、燕軍にとっては不気味に見えたでしょうし
 斉軍にとっては、何か神が降りてくる前振れなのかとささやかれました。

・鳥の降下を見た田単はこういいました。
 田単「これは神が降りてくる前兆だわ。誰か神乗り移ったっぽい人いる?」
 兵士「そういえば神に乗り移られてるっぽいです(なわけねーだろw)」
 田単「壇上にあがってください。これからあなたの命令に従います。」
 壇上に迎えられてビビる兵士
 兵士「え?まじっすか。すんません、ちょっと冗」
 田単「分かってるよ。それ以上言ったら殺すぞ。ちょっとそのまま演技しろ」
 という具合にこれ以降の命令は神のお告げによる命令であるという事で
 元々身分が低かった田単の命令が厳密に守られるよう細工をした。

・次に田単は燕軍にまた噂を流した。
 「燕軍は捕虜の鼻を削ぐので捕まる前に降伏したほうがいい」
 「燕軍は先祖の墓を次々と掘り返しているので全部掘りかえして
  先祖の遺体を辱めている。たたりがあるかもしれないから早めに降伏したほうがいい」
 これを聞いた燕の将軍騎劫は
  騎劫「そんな噂が出ているならその通りの事したら早めに降伏してくれるな」と言い
 その通りの事を実践します。これを見た城内の軍は「斉軍絶対許さねぇ」と怒りに打震えました。

・次に田単は城壁の守りに年寄りや女子供をつかせて、降伏の使者を送りました。
 騎劫はこれを見て、斉軍はもう守る兵士もいなくて心が折れたんだなと信じきり
 数日間猶予やるから降伏の支度をしろと使者に伝えました。

返答を聞いた田単はようやく準備が整ったと言い、

夜中になってから角に剣を付けて尻尾に松明を付けた牛を門を空けて解き放ちました。

すっかり油断していた燕軍に暴れ狂う牛が突撃していき大混乱を起こしたところ

城内の斉軍も討って出て、溜め込んでいた怒りをぶちかましました。

これにより燕の将軍騎劫は討ち取られて燕軍は散々に打ち負かされ

勢いにのった斉軍は奪われた城を次々と取り返していき、楽毅が攻略した70城を

全て奪還したのでした。

この功績により田単は領土を与えられ

救国の英雄として田単の声望は高まりました。

この後の田単の話しはあまり伝わっていないのですが、趙という国の宰相になったそうです。

英雄としての田単の声望があまりにも高かった為、王様にとって危険な存在となり

斉を出ざるをえなくなったのかと思っています。

楽毅を更迭させるところから始まり、70城を取り返すまでの流れは

映画になってもいいくらいのエピソードですね。

ちなみに牛の尻尾に松明を付けて突入させるのを「火牛の計」といい

日本でも木曾義仲が倶利伽羅峠の戦いで使っています。






posted by 免堂九斎 at 11:11| Comment(0) | 中国 春秋戦国時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。