2013年03月01日

「名将から大商人」范蠡(はんれい)

長い歴史において、活躍した名将が悲惨な末路を辿るケースは
少なくありません。

有能な家臣は君主にとって敵がいなくなった場合
最も怖い存在になり得るからです。

日本でも豊臣秀吉の軍師・黒田官兵衛は
秀吉に死ぬ間際まで警戒されていたと言います。

今回紹介する范蠡は後々の名将達が
模範とするような生き方をしました。

また、前回紹介した伍子胥はライバルのようなもので
後世では二人の生き方がよく対比されています。

范蠡は越の国王、勾践に仕えていました。
ある時、呉が越に攻め込んできました。

当時の呉は孫武や伍子胥の助力もあり
かなりの強国となっていて、正攻法では勝ち目がありません。

そこで、范蠡は奇策を使います。
処刑囚を集めて呉軍の目の前で罪状を告白して自害すれば
家族の生活は保証すると約束し、
処刑囚はそれに従い呉軍の前で自害していきました。

数列の処刑囚が目の前で自害しているのを
呆気にとられて見ていた呉軍でしたが
刃物を首に突きつけ囚人に扮していた越軍が
突如呉軍に襲いかかってきました。

呉軍は大混乱を起こして大敗し、
その戦争の最中に呉王・闔廬も矢傷を負い、それが元で亡くなりました。

新しい呉王として夫差が即位し越に復讐を誓います。
勾践は戦に勝った事に慢心し、
呉から再度攻められる前に先手を打つと言い
范蠡の反対を押し切り、
呉に戦いを挑み大敗して滅亡寸前まで追い込まれました。

范蠡は夫差に重用されている伯嚭に賄賂を送り、越を許してくれるよう工作しました。

越が呉に対して降伏するという事に対して
伍子胥は猛烈に反対し、勾践を殺すよう夫差に言いましたが
更に勾践が奴隷となるという事で夫差は納得し、越の降伏を許します。

勾践は1年ほど夫差の奴隷として働き、
范蠡を人質とする事で帰国を許され帰国します。

勾践の代わりに人質として呉に来た范蠡は、ここでも裏工作をします。
・絶世の美女と言われていた西施という女性を夫差に推薦し、骨抜きにさせる。
・伯嚭に賄賂を贈り、呉の大黒柱である伍子胥と夫差の関係を崩す

この間も勾践が帰国した越は内政に優れた文種という家臣の指導の元、
国力を回復させていきます。

やがて范蠡も帰国が許され越に戻り、
越は軍事の面でも回復をしていきました。

一方、越を下して自信を持った夫差は勢力拡大を計り、
周辺諸国に手を出していき引っ込みがつかなくなり、
徐々に国力は疲弊していきます。
また、范蠡の裏工作が功を奏して
伍子胥は夫差に自害を命じられて亡くなりました。

伍子胥もいなくなり、越に対しての警戒心が全くなくなっていた
呉は遠地の君主会議に行くため
呉の主力部隊を率いて首都を空っぽにして出かけてしまいます。

勾践はそれまでの間、何度か范蠡に「まだ攻めちゃダメ?」
「まだ早いです。」と止められていましたが
范蠡がGOサインを出したので出陣し呉の首都を攻めとります。

范蠡からまだ呉を滅ぼすほどの国力はないので一旦和睦するように言われ、
呉と和睦しますが数年後国力をさらに蓄えた越は
呉と再度戦いを始め、呉を打ち破りました。

呉王の夫差は一度越を見逃して上げた事を例に出して
降伏を申し出て勾践は認めそうになりますが
范蠡は伍子胥の例と実際の結末を引き合いにだして
断固拒否して使者を無理矢理追い返しました。

呉は滅亡し、越の国力は益々盤石になり、
勾践は覇者と呼ばれるようになりました。
范蠡は勾践が覇者となるのを見届けると引退する事を申し出ました。

勾践は当初は渋りましたがこれを認めて、范蠡は引退し、
斉の国に引越しました。

范蠡は国の復興に活躍した同僚の文種に手紙を送りました。

「狡兎死して走狗烹られ、高鳥尽きて良弓蔵る 
(賢い兎が死んだら、兎を追わせていた犬も煮られてしまい、
 高いとこを飛んでる鳥が死んだら良い弓も倉にしまわれてしまう)
勾践様は苦楽の内、苦は一緒に出来る方だが、
楽は一緒に出来ないという人相が出ている。
貴方も煮られた犬になる前に身を隠しなさい」

文種はこの手紙を理解して病気を煩ったと言って
家に引き籠るようになりましたが
やがて勾践に謀反を疑われて殺されてしまいました。

一方、斉で暮らしていた范蠡は商売を初めて、大繁盛して富を作りました。
噂を聞いた斉の国王は、范蠡を宰相に迎えたいと使者を出しましたが
名が売れすぎるのは不幸を呼び、身を滅ぼすと考えた范蠡は、
蓄えた富を他人に分け与えて斉を去りました。

斉を去った范蠡は宋の国の領土である定陶という地で
名前を陶朱公と名乗りまた商売を初めました。

勿論また商売は繁盛し年老いた後は息子に譲り、
つつがない人生を送ったとの事です。

名将として名を馳せた将軍の中でここまで出処進退に優れ
幸福な晩年を過ごした人物というのもなかなかいないと思います。

范蠡はまさしく人生の処世術に優れた人物で、
その引き際は現在でも見習うところでしょう。











posted by 免堂九斎 at 10:27| Comment(0) | 中国 春秋戦国時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。