2013年03月04日

「士は己を知るものの為に死す」予譲(よじょう)

春秋戦国時代は裏切が当たり前にある時代でした。
今回はそんな中、忠義を貫き通した男の話し。

予譲は晋国の智伯に仕えました。
当時の晋国は范文子の忠告が悪い意味で当たり
大国になりすぎていて内部分裂が始まり6人の重臣による権力争いが行われていました。

智伯はその6人の重臣の一人。
予譲は元々は別の重臣である范氏や中行氏に仕えていましたがあまり重用されず智伯の元へいきました。
智伯は権力欲も強く、あまり評判も良くなかったのですが予譲の才能を認め手厚く重用しました。
ちなみに智伯によって、范氏と中行氏は亡ぼされています。

予譲が智伯に仕えるようになってからしばらくして、智伯は別の重臣である趙襄子を討とうと考え
韓氏と魏氏に援軍を出すよう求めて趙襄子を攻撃します。戦いは3年にも及びましたが
元々権力欲が強く評判が良くなかった智伯の欠点を趙襄子は活用し韓氏と魏氏に使者を出しました。
趙襄子「うちが亡ぼされたら今度はおたくらだよ」
韓氏・魏氏「なんだってー!!」
趙襄子「権力欲ものすごいじゃん彼、それより協力して智伯倒して領土山分けしましょうや」
韓氏・魏氏「そうだね」
というわけで、韓氏と魏氏は趙襄子に寝返り形成は逆転、智伯は戦いに負けて討ち死にし、
予譲は命からがら山に逃げ延びました。

余談ですが趙襄子は相当、智伯に腹がすえかねていたのか智伯の頭蓋骨に漆を塗って
盃にしたそうです。

予譲は趙襄子の屋敷の便所の壁塗りに扮して暗殺する機会を狙いますが
趙襄子にばれてしまい、捕まってしまいます。
しかし、趙襄子は「もう主も死んでるのに見事な忠義心だわ」といって予譲を解放しました。

予譲は次に顔に漆を塗り、炭を飲んで喉を潰して変装し乞食になり機会を伺いました。
街で道すがら妻に会いましたが、妻も気付かなかったといいます。
事情を知っている予譲の友人は彼にこう聞きました。
友人「君くらいの才能があれば、趙襄子の家来に取り立ててもらえるだろう。家来にさえなればいつでも
暗殺できる機会があるじゃないか?なんでそんな遠回りな事するの」
予譲「臣下になりながら命を狙うのは二心を持って仕えることになる。それは恥ずべき行為だ。」
ただ殺すというだけではダメなのだという予譲の一本通った信念が伺えます。

後日、趙襄子が橋を通ろうとした際に馬が突如おののき、橋の下を調べさせたところ
予譲が潜んでいた為、再び予譲は趙襄子の前に引き出されました。
殺気に気付くとかとんでもない名馬ですね。

趙襄子は予譲に聞きました。
趙襄子「智伯は評判も悪いし、君は智伯に仕えるまでの間にも范氏とか中行氏に仕えてたでしょ?なんで
智伯にだけそんなに義理立てするの?」
予譲「范氏も中行氏もそれなりの待遇をしてくれただけでしたが、智伯様は私を手厚く重用してくれました。
士は己を知る者の為に死す。といいます。それなりの待遇にはそれなりの忠義で仕えましたので智伯様に対しては相応の報い方をしたまでです。」

趙襄子は予譲に感心しましたが、さすがに二度解放する事はできないのでその旨を予譲に伝えると
予譲「あなたは一度、私を解放してくれた事で、その器の大きさを天下に広める事ができ
私も名を残して死ぬ事ができます。ただ、あなたの衣服を頂戴して衣服だけでも斬らせて頂きたい。
それで気分を晴らします。」
と予譲が伝えると趙襄子は家来に服を渡し、家来は予譲に服を渡して予譲はそれを空中に投げて
3度斬りさき、礼を述べて自分の首に剣を突き立てた。

趙襄子はこれを見て涙を流してこれを褒めたと伝えられている。

予譲も見事な生き方ですが、それを受け入れた趙襄子も素晴らしい
男気というのは何かを感じさせてくれる話しです。
posted by 免堂九斎 at 11:57| Comment(1) | 中国 春秋戦国時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
2chまとめのリンクから来ました
分かりやすく面白い文章で読みやすいです
更新が止まってるのが残念
再開する機会があれば、墨子など是非

ではでは
Posted by 通りすがり at 2013年06月02日 11:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。