2013年02月20日

「法により出世し、法により死ぬ」商鞅

前回の信陵君の話で最強国家という言葉が

出てきましたが

今回はその最強国家である「秦」の基盤を作った

政治家の一人、商鞅という人物について

まず何をやった人物かといういと

当時蛮族の国と呼ばれていた秦の国で色々な法を

導入し強国にした

どんな法律か大雑把にあげると

・戸籍制度をつくった
・行政区分をつくった
・連座制度をつくった
・戦で功績を立てた人を賞して私闘した人を罰した
・戦功ないやつは貴族でも身分を剥奪
・物を量る単位を統一した
・太子(王子)の寵愛する側近ですらも罰した。

他にも色々ありますがこれくらいで

上記のような法を導入した事でモリモリと秦はマッチョになりました。

彼にまつわるエピソードで印象に残るのは

・秦で働く為に、当時の秦王孝王と面接した際に
 1度目は自然のまま統治する帝道を説き
 2度目はグレードを下げて徳で国を治める王道を説き
 3度目はさらにグレードを下げて武力などで制する覇道を説きました。
 1〜2度目までは孝王はつまらなくて寝てましたが
 3度目は興奮しまくりでした。

商鞅は面接後の感想で「ちょい残念だったわ」と語ったらしいです。

商鞅もできれば徳のある政治の道を進みたかったんでしょうかね?

なんか相手の好みに合わせていくというのは

石田三成の3杯の茶に通じるようなイベントですね。

また法を守らせる為にこんな事をしてます。

・南門に立てた木を北門に移動した人には大金をあげるよと布告し
 住民はそんな馬鹿なと最初の内は誰も動かさなかったんですが
 「じゃあ俺やってみるわ」と冗談半分で動かした住民に約束通り
 大金をあげました。褒美もちゃんと貰えるんだから法守らないと
 罰が怖いとなり、法に従うようになりました。
 
上記の逸話は約束を守るという意味でー移木の信(いぼくのしん)ー

という言葉として国語辞典にも載っています。

さて、そんな商鞅なんですが、スポンサーの孝王が病死してしまい

新しい王が即位します。ちょっと商鞅がやったことを思い出してください。

・太子(王子)の寵愛する側近ですらも罰した。

はい、私怨バリバリの新王でございます。

商鞅は罪を着せられ追われる身になりますが

自分で作った法が厳しくて徹底していて

関所を出て国外に逃げようとすれば「法律厳しくて手形ない人は無理」

と断られ

匿ってくれるように頼み込んでも「連座制こわすぎ無理」

と断られ、最後には捕まり車裂きの計に処せられます。

勿論、自分で作った「連座制」の為一族郎党処刑されました。

しかし秦は商鞅が作った法については廃止せずその後も続行し

他の国に先んじて強国となっていくのでした。

あまりにも冷徹で徹底した政治家だったので評判悪いですけど

商鞅は信念を持った政治家だったんだろうなと思います。

ちょっと出典を忘れてしまいましたが、古の政治家は

朝廷に参内する際は自分が殺される事を恐れ鎧を着込んで

参内する者もいたそうです。

命を懸けて国を改革する覚悟というのは素晴らしいものだと

私は思います。
posted by 免堂九斎 at 14:32| Comment(0) | 中国 春秋戦国時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月19日

「不運の貴公子」信陵君(魏無忌)

現代の中国は正直あまり好きではありませんが

中国史の人物達のエピソードは実に面白く

また勉強になります。

中国の戦国時代

戦国四君と呼ばれた人物達がいました。

なんか四天王みたいでかっこいいですね。

その四君の一人が信陵君です。

魏という国の公子でした。

大雑把にエピソードをまとめると

・乞食みたいな人でも賢いという噂を聞けば
 分け隔てなく礼を尽くし親睦を深めた。

・ネットワークが幅広く魏王より早く情報を
 入手できて魏王にビビられた。

・姉が嫁いだ国が当時の最強国家に攻められた時援軍を
 求めてきたが魏王は最強国家にビビリこれを却下。
 信陵君は魏王を無視して魏を脱出して国境付近にいた将軍を
 殺して軍を吸収し姉の国に援軍に向かい最強国家を撃退

・魏王と気まずくなったので姉国に滞在している間
 また賢いという評判があった身分の低い者と親睦を深めると
 姉の旦那が「身分低いやつと親しくなるとか笑える」
 的な発言をしたのを耳にして腹が立ち帰国しようとするが
 信陵君が出て行くとまた最強国家に乗り込まれる恐れがあるので
 姉旦那が必死の土下座で引き止める。

・今度は魏が最強国家に攻め込まれて魏王から助けを求められ帰国
 周辺の五カ国に声をかけて連合軍を作り最強国家を再度撃退して
 勢いあまって最強国家の領土に攻め込む。

・最強国家が信陵君に恐れをなして金をバラまいて信陵君の悪評を
 垂れ流し、悪評を信じた魏王が信陵君を左遷する。
 信陵君、いじけてアル中になり病死

なんというか信陵君が不運というより魏王の無能っぷりが凄いです。

無能なだけならまだ救われるんですが

無能で嫉妬深くて警戒心の強い上司っていうのは

本当どうしようもないですね。










posted by 免堂九斎 at 19:43| Comment(0) | 中国 春秋戦国時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。